ユーチューバーネタ

中村逞珂(ゆたぼん)の父親は元暴走族の心理カウンセラー!情報商材販売の過去あり

10歳でyoutuberとなり最近話題沸騰中のゆたんぼこと、中村逞珂くん。

宿題を放棄したら、居残りをさせられたことに疑問を持ち自ら不登校になり、自身でyoutuberとなって発信しています。

そんなゆたぽんの父親は心理カウンセラー。母親もインターネットを使って情報発信したりと活動しているようですね。

というわけで賛否両論を巻き起こしてる10歳youtuberのゆたぼんこと中村逞珂くんの両親について見ていきたいと思います。

10歳youtuber中村逞珂(ゆたぼん)の父親は心理カウンセラー

中村逞珂(ゆたぼん)の父親は中村幸也さんで心理カウンセラーをされています。

ざっと経歴を見てみると、

  • 1980年生まれ、大阪木市生まれ
  • 中卒で元暴走族
  • 奥さんが16歳の時に結婚
  • 2018年6月に大阪から沖縄に移住

と、かなりアクティブな経歴を持ってらっしゃるようです^^



中村逞珂(ゆたぼん)の父親の中村幸也の学生時代はかなりワルだった

・小学校の時に机にこぼれた牛乳を舐めさせられたり、忘れ物をしただけで往復ビンタをくらい歯を折られたりなど、学校で様々な体罰を受ける

・家庭内でも暴言や暴力を振るわれ続けたことで非行に走り、学校へはタバコを吹かしながらパンチパーマで登校

・暴走族に入り、恐喝・窃盗・傷害・暴走・喧嘩・シンナー・麻薬・覚醒剤など、さまざまな犯罪に手を染める

とかなりのワルだったようですね。

働きに出るも3ヶ月仕事をやめたり、二十日以上転職をしたりするなど、安定しない生活を多くるも、

その経験をきっかけに、独学で勉強して大検に合格。

2010年には、日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会い、心理学とカウンセリングを学び、心理カウンセラーとして活動開始させてそうです。

その後はカウンセリングを中心に、ブログなどのWEBメディアで執筆活動、メルマガの発行などをネットを使って情報発信をされているようですね。

さらに「あきらめる勇気」という著書も出版されています。本まで出版されているなんてすごいですよね!

タイトルがアドラー心理学の「嫌われる勇気」に似てるのは狙ったのでしょうか…?

こちらが2012年の中村幸也さん。うん。元暴走族っぽいです。笑

必要な言葉は、必要な時に、必要な人へと届く」を信条に、八年以上、毎日欠かすことなくブログを書き続けている「言葉の伝道師」です。

医者や弁護士になるのには資格が必要だけど、誰かにやさしい言葉を投げかけるのに資格なんかいらない。
ただ、やさしい気持ちがあればいい。愛の心があればいい。
そんな思いで毎日更新し続けています。

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。

ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。

僕のように中卒の元暴走族でも本を出版する事はできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きる事だって出来る。今後も自由に自分の好きなように生きながら、次の本を書く事にも繋げていこうと思っています。

ブログの方も定期的に毎日されていますが、見たところは心理学的なアプローチから書かれた記事はあまりませんでした。

最近の話題は息子の中村逞珂(ゆたぼん)くんの宣伝や、親として子供の教育とどう向き合うべきかなど、子育て論が多い印象ですね。

子供を自由にさせておくことに賛否両論あるみたいですが、そもそも親が現代の時代性や社会性を考えるなんてことはあまりしません。

学校に行かせて、大学を卒業させればOKくらいにしか思ってないと思いますが、中村幸也さんはしっかりそういう部分を考えられているのですごいなと思います。

以前は禁煙カウンセラーとして活動、情報商材を売っていた

心理カウンセラーとして活動する前はなんと禁煙カウンセラーとして活動していました。

一昔前の情報商材っぽい感じでこういうこともしていたみたいですね。

こちらが販売していた情報商材。

・大げさなテキスト

・成功談を掲載

・ヘビースモーカーで禁煙に挑戦したが中々辞められなかったと自身の体験談を語る

・「日本国内では、ほとんど知られていない方法」と情報の価値を示し、多くの特典で購入を煽る

・モニター全員が禁煙できたと信用させようとする

・通常価格を先着限定で10000円も値引き

・メルマガの登録を促す

ということで、あるあるな情報商材の売り方をしていたようです。

こちらは2017年に販売を終了して、その後はメルマガを初めてメルマガビジネスを始めたようです。

こちらが、メルマガのページ。

ここから何かしらの情報商材を販売しているのでしょうか?

母親はpolkaでビジネスを展開中

中村逞珂(ゆたぼん)の母親もまた自分でビジネスを展開していて、家族揃ってすごく自由な働き方をしてますね。

  • 16歳で妊娠
  • 17歳で出産
  • 流産を3回経験してる
  • 子供は4人
  • DTPのデザイン学校を卒業してる

polcaのニックネームが「きよみん」となっているので、きよみさんというのでしょうか?



中村逞珂(ゆたぽん)の活動は?

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

現在はyoutubeを中心に活動していて、少年革命家ゆたぼんチャンネルのチャンネル登録者は7000人を超えています。

ゆたぼん

ゆぅゆ

みーちゃん

ここさま

の4人で動画を作ってるようですね。

そして2019年5月29日には父親の中村幸也さんと、講演会を開くそうです。

さらに2020年にはピースボートに乗って世界一周を宣言していて、その行動力には脱帽です。

茂木健一郎が早速、中村逞珂(ゆたぼん)と会っていた

茂木健一郎さんが実際に中村逞珂(ゆたぼん)さんとあったらしいですね。

短い時間だったみたいですが、色々と会話を交わしたみたいですね。



中村逞珂(ゆたぼん)に批判殺到・賛否両論

中村逞珂(ゆたぼん)に対する声

こちらはyoutubeに寄せられたコメントです。

・ここまでにした親も環境も悪い この年齢の子だったら親がちゃんとしてればなんとでもできるだろうに、いろんな意味で可哀想な子だわ

・こんな考えになるように育てられたこの子が1番不幸に見える

・この子の親父さん、中卒で元暴走族でって、百歩譲ってそれはいいとしても、傷害、脅迫、恐喝、暴行、麻薬、覚せい剤、シンナーとまぁ他人を散々不幸に陥れといて、それをちゃんと被害者に償ってもいなさそうなのに本とか出しちゃってしてドヤってるのは全く理解できない。

・大人になるとね、嫌なこともやらなくちゃいけないし、社会や人としての義務も果たさないといけないんだよ。 こんな小さい頃から嫌なことから逃げてるよーな人間の言うことなんて誰が耳を貸すのかね。 ま、この子の親が一番ウマシカだと思うけど。

中村逞珂(ゆたぼん)の父親に対する批判や中村逞珂(ゆたぼん)の将来性の危惧を指摘したコメントが多いなと感じました。

ただ、いいか悪いかは別として、これだけ時代が急速に変化しているのにもかかわらず、学校教育のカリキュラムやシステムは小の時代とほとんど変わっていません。

それは時代が移り変わるスピードに教育システムの対応が追いついてないからですよね。

だから「そもそも、学校教育って必要なのか?」という視点を持ってみるってすごく大事なんじゃないでしょうか?

今ってインターネットを使えばなんでも学べる時代ですし、自分に必要なものを学べばいいとも言えます。

ただ世界的に見ても優れた教育機関ではその分野の最先端の教育受けられるし、経験できる。多種多様な価値観の中で生きれば、それだけ視野も広がります。

そう考える「高度な教育」を受けるメリットは計り知れないです。

だから教育を受けることのメリットもしっかりと周りが教えてあげなければいけないと感じました。