アーティストネタ

タッキー&翼の解散理由は何?真相は不仲説か?

タッキー&翼の解散が報じられましたね。安室ちゃんの引退といい、人気歌手がこうして第一線から身を引いて行くと平成もこうして終わるんだなと感じます。

さて、今日はタッキー&翼の解散理由やその真相に迫っていきたいと思いますのでどうぞゆっくりとお楽しみ下さい。

タッキー&翼が解散!

2018年9月13日にタッキー&翼の解散が報じられました。

これには多くのファンがかなしSMAPの解散もありましたし、山口メンバーのTOKIO脱退、関ジャニ∞の渋谷すばるの脱退などジャニーズのメンバーが次々と抜けていくのも見ていて悲しい限りです。

今回急な解散に踏み切った訳ではなくて、実は2017年9月に無期限活動休止を発表しています。

「ここ数年タッキー&翼として良いパフォーマンスができず」という経緯から、1年前から今後の話し合いが行われていたようで、グループ活動を休止し、スキルアップを目指すための個人活動に専念する結論に至ったようだ。

実際のこの無期限活動休止の発表が事実上の解散と言われていた、本人たちも解散を望んでいた部分もあるが、ジャニーさんが無期限活動休止という措置にしたと言われています。

さて、お二人のこれからの方向性をもう一度確認しておこう。

タッキーはマネージメントに専念してJrの育成に

タッキーの方は芸能界を引退しジャニーズJrの育成のためにマネージメントに専念するとのこと。

ジャニーズ事務所とは別の新会社を設立してそちらの方で若手の育成に励むそうです。

タッキーは現役時代から将来は経営側に回ってジャニーズ事務所を背負っていく人物としてジャニーさんにも一目置く存在でしたから自然な流れかと思います。

翼は事務所を退社しメニーエル病の治療に専念

翼さんは芸能界は引退しないものの、ジャニーズ事務所を退社、そしてメニーエル病の治療に専念するとのことです。

翼さんは2014年11月にメニエール病を発症し、2ヶ月の活動休止を余儀なくされています。

そして2018年3月29日にメニエール病の再発を公表しています。



タッキーと翼の不仲が根本的な解散の原因か?

今回解散にまで踏み切った理由は一体何だったのか。確かにタッキーはマネージメントをして、裏方の方に回ることに慣ればタッキー&翼としての活動は減ってしまうかもしれない。

ただそれでも解散をせずにたまにライブをしたりCDを出したりと活動していくという選択もあったはずだ。

その裏にはタッキーと翼さんの間に深い溝があったとも言われている

2016年10月に週刊文春が翼さんが銀座の行きつけの高級クラブに出入りしているところをキャチしている。

翼さんはその高級クラブに多いときは週5回ペースでかよい深夜2、3時までいるという。

そこで漏らしていた言葉は悲哀に満ちていたと文春は報じていて、

  • 「俺はもう事務所を辞めるしかない」
  • 「滝沢は自由だ。事務所の恩恵を受けてる」

とも愚痴をこぼしていたという、

タッキーはジャニーさんから寵愛を受け、元々はソロでデビューすることが決まっていたと言われている、しかしそこでタッキーが翼も一緒じゃないとやだと言ったことがきっかけでタッキー&翼が誕生した。

その後も事務所の信頼を得ているタッキーと、事務所とは少し距離がある翼という構図ができてしまい、その距離感も二人の距離となって反映されてしまったのかもしれない。

そして翼さんは日頃からSMAPの中居さんを心から慕っていて、SMAP解散騒動の際も、事務所に対しての不信感をあらわにしていた。

「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」

こんな発言もしていたという。しかし、タッキーの方はというと、コメントはどれも、事務所よりの発言をしててい、メリー喜多川副社長、ジャニーさんともに信頼を得ている。

その二人の差が不仲や事務所との距離感を作り出してしまったのだろう。

今回の解散に踏み切った経緯は、タッキーと翼さんの不仲というよりは事務所との距離感が招いたこととも言えるだろう。

まとめ

という訳でタッキ&翼の解散について見てきました。

翼さんはフラメンコを学びにスペインへ行ったりと独自の路線で活動してきましたが、なかなか厳しい現状がそこにはあったのかもしれません。

メニエール病も発症し、思うように活動できないことも大きなストレスだったでしょう。

タッキーは芸能界を引退するということで、その晴れ舞台を見ることはできなくなりますが、翼さんはジャニーズ事務所を退所するものの、芸能活動は続けていくと方針です。

またその情熱的なステージを見たいですね!