モデル

【菅原小春】高畑裕太を彼氏に選んだ理由は何で?性格がヤバイ!?

菅原小春さんが高畑裕太さんとの交際が報道されましたが、なんで菅原小春さんが彼氏に高畑裕太さんを選んだのか気になる人が続出しています。

ということで今日は菅原小春さんの性格やぶっ飛びエピソードをご紹介して行きたいと思います。

菅原小春と高畑裕太の交際報道に対する世間の声。

紅白歌合戦では米津玄師のバックダンサーを勤めたことでも話題になっていて菅原小春さんですが、大きな事件の当事者となってしまった高畑裕太さんとの交際を疑問を抱く人も多いみたいです。

三浦春馬が菅原小春と別れた理由は「ついていけないから」

三浦春馬さんと菅原小春さんが交際報道が出た時は異色のカップルということでかなり話題になっていました。

実際二人の仲睦まじい写真をインスタにアップしたりと親密さをアピールしていた二人。

三浦春馬さんと一緒にボクシングを観戦してる姿もアップされていて、結婚間近だとも言われてマイsた。

しかし、2017年の春頃から三浦春馬さんが菅原小春には「ついていけないから別れたい」と友人に漏らしていたと言います。

その理由は菅原小春さんの破天荒さのでは無いでしょうか?



満員電車に乗っているサラリーマンをインスタにアップ

こちらは菅原小春さんのインスタにアップされた写真。満員電車にぎゅうぎゅうになているサラリーマンを写したものだと思われます。

働いている人をバカにしてる!ということで炎上したんだとか。

菅原小春さんは世界的ダンサーでスティービーワンダーとも共演しているくらいの人です。スーツを着て会社に行くような働き方をしてない人がこの写真をアップすればそれは炎上してしまうのも頷けます。

酔っている人に話しかける写真をアップ

こちらは酔っ払って道路に座り込んでいる人に菅原小春さんが話しかけている様子をインスタにアップしたものです。

勝手に人の写真をインスタにあげていいのか?ということでこれも炎上。

強烈な個性を持つ菅原小春

世界的なダンサーになるような人なので強烈な個性があってこそだと管理人はもうのですが、ちょっと普通の人との感覚とはズレてるとこがあるのはしょうがないですよね。

記者:・・・どんな性格の女の子だったのでしょうか?

簡単に言うと“わがまま”かな。

(中略)

『こうじゃなきゃイヤだ』といったこだわりは今でも強すぎるくらい幾つかあるので。

(中略)

自分がいいダンスをすれば必ずいいリアクションが返ってくる。反対に自分が『ダメだ』と思っている時は、そういったダメなリアクションが返ってくる。ダンスを通じて世界の人々と心を通わす冒険ですね。そして今もその冒険の真っ最中なんです
https://dancefact.jp/から引用

自身の性格をこのように語っている菅原小春さん。こだわりはかなり強いようです。



高畑裕太との交際理由は何?

高畑裕太さんといえば、2016年8月に性的暴行容疑で逮捕されたことで世間に衝撃を走らせました。

不起訴になっているとは言え、世間的にはあまりいいイメージはないわけですから普通の感覚ならそんな人と付き合うなんて。。。と思うかもしれません。

菅原小春をよく知る人物からはこのような話も出ています。

彼女の知人は、
その魅力についてこう語る。

彼女はダンスも男らしいし、
性格もサバサバしています。

でもそのカッコよさからとにかくモテるんです。

言い寄ってくる男性は多く、
以前も先輩の大御所ダンサーから迫られていました。

でも彼女は、
あっさりと誘いを断っていました(笑)。

とはいえ彼女、
好きな人の前では意外に“女性的”な一面も

好きになったら時間をかけずに熱烈アプローチするし、
カレの前だと

『会いたかったよ~』

と気持ちを伝えるから
周囲がドキッとさせられることも。

ただ世間の声は関係ないという強い信念があればどうでしょうか?こだわりの強い菅原小春さんなので一度好きになったらとことこん好きになってしまうのでしょう。

さらに菅原小春さんは強靭なメンタルを持ち合わせていると言います。

「10歳でダンスを始めた菅原さんは、
ストリートダンスで腕を磨き、
18歳で単身アメリカにダンス修業に出たほど行動派で気持ちの強い人

女性で、
たったひとりで世界中からダンスを学びに人が集まるアメリカで頭角を現すには、
並大抵の努力では叶いませんし、
折れない強い心が必要。

そういった部分でちょっと普通の日本人のメンタルとは違いますね。

キツいととらえる人も少なくないでしょう」
(ダンス雑誌ライター)

海外の文化になが触れてきた菅原小春さんなら世間の声なんて耳元に入らないでしょう。

それに高畑裕太さんの事件のことで言えば、不起訴になっているわけですから今更どうこういう意味もないのでしょう。

というわけで今日は菅原小春さんについて見てみました。

今後どんな進展があるのか楽しみですね。