アイドル

【佐々木貴浩社長】事務所が送ったLINEの内容がヤバい!

『愛の葉Girls』というアイドルグループで活動されていた、大本萌景さんが自らの命をたつという痛ましい事件が起きました。

事務所の社長にパワハラを受けていた言われていますが、事務所サイドが大本萌景さんに送ったとされるLINEの内容がやばいと話題になっています。

今日はそのラインの内容について見ていきましょう。

佐々木貴浩社長(事務所)が送ったLINEの内容がやばい

事務所側と大本萌景さんとのラインのやりとりが流出していますが、

その内容がかなりやばいです。これが大人の対応の仕方かと思ってしまう内容になっていますね〜。

こちらは事務所のスタッフと思われる人間とのやりとり、

なぜ命令口調なのか?事務所と所属アーティストって一心同体なはずなのにどうしてこういう対応になるのかが全く理解不能です。

まあ事務所としては働かせるだけ働かせて利益を得ようという考えしかなかったんだろうけど。

こちらは、マネージャーと思われる人物と、大本萌景さんの母親とのやりとり。

16歳という年齢を考えても現在思春期真っ只中、将来の不安や感情が多感な時に利益を重視する事務所の思惑と、学業とアイドル活動の両立の難しさに板挟み状態となっていれば、

それはキツイですよね。

おそらく、大本萌景さんは真面目で正義感が強いタイプだったと思うので、余計に一人で抱え込んでしまっていたのかもしれません。

事務所らの過度なプレッシャーと暴言。

一日の拘束時間が12時間を超えることもあり、遅刻すると、報酬が減額

イベントでは早朝から深夜まで拘束する過密スケジュールで働かせ、学業よりも仕事を優先するように強要

愛の葉がGirlsを辞めたいという大本萌景さんの言葉に対して、「次寝ぼけたこと言ってたらマジでぶん殴る」と返答

また、大きくメディアに取り上げられている、「辞めるなら一億円払え」発言もあったと言われていますから。かなりの暴言、パワハラ的な圧抑があったのでしょう。

佐々木貴浩社長は「辞めるなら一億円払え」とは言っていないと否定しているので、事実かどうかは判断できませんが、事務所とのラインのやりとりは公開されているので、パワハラ的な対応があったことは間違いありません。

本当に事務所側はどうして大の大人がこんな対応を取ることができるのか、16歳が相手だとバカにしてるのか、よくわかりませんが理解に苦しみます。

ラインを見た人たちのツイッターでの反応



大本萌景はなぜ亡くなった?

大本萌景と事務所サイドのすれ違い

大本萌景さんはアイドルとして活動していましたが、学業との両立もしたいと考えていました。

しかし、アイドルとしての拘束時間も長く、学業との両立の難しさに悩んでいたんだそうです。

場合によっては12時間以上、仕事に当てていたこともあったそうなので、16歳の女の子にはかなり厳しい労働環境だったことが伺えます。

そこで、学業にも専念したいこともあって、休暇を求めたのですがラインのやりとりかもら分かる通り、事務所側から了承を得ることはできなかったそうですね。

事務所の意向で通信制から全日制の学校へ転向するも。。。

そんなこともあって、2017年6月に事務所を辞めることを伝えるのですが、

事務所は大本萌景さんが辞めることを了承せずに、こう提案してきました。

「全日制の高校に行った方が休日のイベントにも出られる」

「お金の心配はせんでええ」

これには大本萌景さんサイドも納得したようで、この翌年度からは全日制の私立高校に入学します。

私立高の入学金3万円、

制服代など約7万円

を事務所から借りたんだとか、この辺りはネットでも疑問の声が上がっているのですが、

事務所から借りるということは結果的に大本萌景さんのギャラから学費を払っているようなものですよね。

ということは家庭の経済状況や環境なども大本萌景さんの重荷になっていた可能性も十分にあるということ。

パワハラだけが今回の事件の原因ではないと管理人は考えてます。

 萌景が亡くなる前日の3月20日に、萌景と二人で事務所へ伺って入学に必要なお金をお借りすることになっていました。私から、契約満了までの1年半は「愛の葉Girls」の活動を頑張るということを伝え、「全日制高校へ進学したい。お借りしたお金は、働いてお返しします」という萌景の考えをTさんに話したところ、「なぜ今、このタイミングで辞めることも考えるのか」、「今の考えのままなら、お金は貸せません」と告げられました。

そして、2018年20月(大本萌景さんが亡くなる前日)は母親が事務所に借りるはずだったお金を受け取りに事務所に出向いていたらしいのですが、契約満了で辞めるということを話すと、

続けるつもりがないなら貸せないと言われたそうです。

まとめ

というわけで、事務所サイドが大本萌景さんに送ったとされるラインの内容を見ていきました。

ラインが公開されている以上、パワハラ的な対応があったことは事実ですが、今回の出来事。これだけが原因だとは思えない部分もあります。

学校のことや家庭環境もかなりストレスになっていたのではないでしょうか?

お金に関しても何か他にもっと方法があったはずですし、果たして事務所との関係がうまく言っていないこと、パワハラだけがこの出来事の原因なのかは疑問が残るところです。

あわせて読みたい
大本萌景の母親に疑問の声?裁判の費用はどこから?大本萌景さんが自ら命を絶った事件についてですが事務所のパワハラだけではなくて、その他にも問題があったのではという声もネットでは上がってい...