スポーツ

佐々木朗希(ろうき)の父親は3.11の被害者。兄や家族構成を調査

163km豪速ストレートで話題の佐々木朗希(ろうき)選手。間違いなく今後の野球界を担っていく人物ですよね!!

そんな佐々木朗希(ろうき)選手ですが、父親は東日本大震災の被害者なのです。そんな悲しい過去を乗り越えて努力を続けるなんて本当に素晴らしいですよね。

今日は佐々木朗希(ろうき)選手の弟や家族構成なども見ていきたいと思います。

佐々木朗希(ろうき)の父親は3.11の被害者だった。

佐々木朗希(ろうき)選手は2001年11月3日生まれ、

出身は岩手県陸前高田市。

東日本大震災で大きな被害を受けた地域ですよね。

東日本大震災が起こった当時、佐々木朗希選手は小学校3年生で高田小学校に通っていました。

こちらが佐々木朗希選手が通っていた高田小学校。

東日本大震災が起こった後は避難生活を余儀なくされ、大船渡市に引っ越し、猪川小学校に転校したと言います。

佐々木朗希選手自身は東日本大震災の被害に遭うことはありませんでしたが、震災で父親の功太さん、祖父の功さん、祖母の勝子さんの3人を亡くされています。

父親の功太さんは当時37歳という若さだったそうで、一瞬にして3人の大事な家族を失う悲劇に見舞われるなんて、絶望としか言えません。

そんな絶望を乗り越え、野球に打ち込む精神力こそ佐々木朗希選手の強さなんだと思います。



佐々木朗希の家族構成は弟と兄の三人兄弟、5人家族!

それでは佐々木選手の家族構成を見ていきましょう。佐々木朗希選手は三人兄弟で5人家族だそうです。

佐々木朗希選手の兄の琉希は大船渡高校の元4番でめちゃくちゃ厳しい人だった!!

佐々木朗希選手は3人兄弟の次男です。

  • 長兄は琉希さん
  • 次男が朗希さん
  • 三男は怜希さん

全員に「」がつくのはかっこいいですね!!

父親を亡くした後は、シングルマザーとして佐々木朗希選手のお母さんが一家を支えていくことになるわけですが、父親の代わりとなって生活や教育面を支えてくれていたのが、佐々木朗希選手のお兄さん。

佐々木朗希選手の兄である琉希さんは野球をやっていて、大船渡高校の野球部のOBなんだとか。

しかも4番を務めるほどの実力のある方だったこともあって、野球面も、生活面でも時厳しく、時に優しく支えてくれていたと言います。

お兄さんの性格を一言で言うと、「厳格な父親。」上下関係や礼儀に厳しい人らしく、人に迷惑をかけることをするととても怒られたんだとか。

そして、佐々木朗希選手自身が自分の強みであるとインタビューでも語っている「負けず嫌い」という性格も兄がいたからかこそこそ育まれたものだともおっしゃっていました。

佐々木は涼しい顔に似合わず「大の負けず嫌い」を公言している。
一時期、携帯の待ち受け画面を横浜(神奈川)の最速152キロ左腕・及川(およかわ)雅貴(2年)に設定していた。
理由は「及川がU15日本代表で、中学から有名だったから」。

会ったこともない相手にメラメラとライバル心を燃やせるのが、佐々木のすごさだ。
及川は今夏(2018年)の甲子園出場を決めている。
(引用:日刊スポーツ

こちらが佐々木朗希選手が闘争心をメラメラと燃やしていた及川雅貴選手。

さらに佐々木朗希選手の母親もこのように語っています。

 陽子さん 琉希がすごく弟の朗希に厳しく接していました。その反動で、朗希は常に兄を超えようとしていました。野球面でも生活面でも、朗希が兄から褒められたことを見たことがないですね。見ててかわいそうなぐらい朗希は、兄から言われてました。

琉希さんも大船渡野球部OBで、4番も任されることもあった。生活面に限らずプレー面でも「お前レベルの選手はたくさんいる」と褒めもせず、あえて突き放し続けた。そんなに弟へ厳しく接する兄に、陽子さんは夫功太さんの残像を見ていた。

陽子さん お父さんが長男にはしつけの面で厳しくて、弟の朗希と怜希にはすごく優しかった。琉希本人には聞いたことありませんが、父が亡くなってしまったので、その立場を琉希がやろうとしていたのかもしれません。

(引用:日刊スポーツ

まさに体育会系一家という感じですが、褒めることを絶対にせず、佐々木朗希選にはあえて厳しく接していたといます。

父親の功太さんは兄の

それも立派な選手になってほしいという愛情から来ていたものだったんですね。

佐々木朗希選は厳しくしてくれた兄に対してとても感謝しているとおっしゃっていました。



佐々木朗希はいきなりメジャーデビューもある?

世界トップレベルとも称される佐々木の育成には、国内と海外、どちらの球団が合っているのか。ナ・リーグ球団のスカウトは「これまで高校生は一度、日本球界を経由したほうがいいと思ってきたが、この子は別格。育成に限ってはメジャーのほうが絶対にいい。何より、すでに日本でやることがない。それくらいのピッチャー」と断言。

その上で「公立校出身で練習量が足りていないし、あれだけの速球は肩、ヒジに大きな負担がかかる。アメリカは球数制限を厳守させるし、投げ込みもさせないが、日本の現場主導の球団などでは結果を急ぐあまり壊しかねない。それでなくとも今までのびのびやってきた田舎の子が、周囲の声やプレッシャーが大きい人気球団の環境に入ったら潰れてしまうでしょう」と日本球界の環境についても危機感を募らせる。

日本野球界のみならず、メジャーリーグのスカウトもすでに注目していて、コンディションの管理や健康面などあらゆる面からサポートできるメジャーの環境の方が佐々木朗希選にとってはいい環境かもしれませんね。

大谷翔平選手は日ハム時代に出した165kmを高校生が超える可能性も十分にありますし、今後が楽しみで仕方ありません!

佐々木朗希の強さは被災や父親の死を乗り越えた「精神力」

東日本大震災で被災し、さらに大事な家族を亡くされていると言う過去を抱えながらも野球に打ち込む力があるって、ものすごいエネルギーだと思います。

何もかもが崩れていく感覚、3.11の時には誰もが抱いて感覚だと思いますが、そんな絶望を乗り越えたのはお兄さんの厳しい教育やの家族の絆だったんだなと改めて思いました。

これから日本のみならず海外からも注目される存在になると思いますが、自分を見失わず、自分のペースで頑張ってほしいと思います。