アーティストネタ

【Love-Tune】解散の原因と理由は将来性か?事務所のの関係がヤバい

ジャニーズJrの人気グループ、Love-Tuneのメンバーがジャニーズ事務所との契約書にサインをせずにメンバー全員が事務所を退所したというニュースが舞い込んできました。

これを持って【Love-Tune】は解散となるわけですが、契約書にサインをしなかった原因や理由はなんだったのでしょうか?

事務所との関係などを探ってみたいと思います。

【Love-Tune】ラブトゥーンのメンバー全員がジャニーズ事務所退所を決断

【Love-Tune】のメンバーである安井謙太郎がレギュラーを務めるラジオ番組「らじらー!サタデー」(NHKラジオ第1)で【Love-Tune】のメンバー全員がジャニーズ事務所から退所したことについて語ってくれています。


「うやむやにしたくはないという思いもありまして、会社のほうとお話しさせていただいて、昨日のような発表をさせていただくことになりました」

と発表に至って経緯を説明。ジャニーズJrとしては異例の退所発表となったことを語ってくれています。

Love-Tuneってどんなグループ?

【Love-Tune】は2016年5月に結成されています。

メンバーは、安井謙太郎をリーダーとして、

  • 真田佑馬
  • 諸星翔希
  • 森田美勇人
  • 萩谷慧悟
  • 阿部顕嵐
  • 長妻怜央

の7人で構成されています。

ダンスと歌がメインのジャニーズJrでは異質のグループで、バンドスタイルも取り入れていて、

嵐やNEWSのような歌とダンスのパフォーマスからTOKIOのようなバンドスタイルまで幅広いパフォーマンスが人気のグループとなっています。

の7人で、ジャニーズJr.唯一のバンドユニットとして活動。パフォーマンスは、ダンスと歌に限らず、バンド形式を取り入れている。

ちなみに、メンバーの退所日時は次の通り、

メンバー7名の退所時期は、

  • 真田佑馬2018年11月30日
  • 諸星翔希2018年11月30日
  • 萩谷慧悟2018年11月30日
  • 阿部顕嵐2018年11月30日
  • 長妻怜央2018年11月30日
  • 森田美勇人2018年12月31日
  • 安井謙太郎2019年3月31日

知的好奇心の扉 トカナ



Love-Tuneラブトゥーンの当然の事務所退所、グループ解散の理由と原因は将来性か?

さて、突然の退所、解散となった【Love-Tune】ですがそんな決断に至った経緯はなんなのでしょうか?

年齢の問題か?

一つはメンバーの年齢が高いことが原因と言われています。

まずメンバーの年齢を見てみましょう。

  • 安井謙太郎1991年7月21日(27歳)
  • 真田佑馬1992年11月21日(26歳)
  • 諸星翔希1994年10月13日(24歳)
  • 森田美勇人1995年10月31日(23歳
  • 萩谷慧悟1996年11月7日(22歳)
  • 阿部顕嵐1997年8月30日(21歳)
  • 長妻怜央1998年6月5日(20歳)

メンバー全員が20歳を超え、リーダーの安井謙太郎は27歳とアラサー。

10代でメジャーデビューをした嵐やSMAPの年齢を考えるとかなり高齢であると言えます。

なので、このままメジャーデビューもできず、ジャニーズjrとして活動をしていくのなら、他の道を模索する方が得策と考えたとも言われています。

 

事務所内の処遇も明るみになっている。

グループに対する事務所の処遇も週刊文春で明るみになっています。

この件については12月1日に発売された「直撃!週刊文春ライブ」で語られていました。

報道によれば、

2018年1月10日にジャニーズJr.のユニットである

  • Snow Man
  • Travis Japan
  • SixTONES
  • Love-tune

4グループのメンバーが集められて契約書を取り交わすという説明会が開かれたという、これはメンバーで初めてのことだったとのこと。

そしてこの説明会では、

「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」

という説明がなされたという、

ここで疑問なのが、契約をしても、しなくても、仕事に関しては今と変わらないということは一体なんの契約なのか?そこが今回の報道では明るみになっていません。

そしてその説明を受けて、Love-tuneのメンバーだけが契約書にサインをせずに持ち帰ったという。

ただ、その後の処遇は説明会でえ説明されたものとは全然違った。

【Love-Tune】に対する処遇は一変し、仕事が激変、テレビや舞台への出演もほとんどなくなってしまったという。

ただ、他の3つのグループとは違い契約書にはサインをせずに持ち帰ってるわけですから、このような処遇を受けてなくても退所指定可能性はありますね。

ファンの声、ネットの反応はこんな感じ。