アーティストネタ

米津玄師「カムパネルラ」 MVのロケ地は千葉県銚子市屛風ヶ浦だった!

米津玄師「カムパネルラ」 MVのロケ地となった撮影場所は?

「カムパネルラ」MVのロケ地は、
千葉県銚子市屛風ヶ浦でした。

MV中では主に3つの場所で撮影されており、電車、崖、浜辺に分かれています。

撮影場所について一つずつ調査していきたいと思います!

撮影場所
電車・・銚子電鉄
崖・・
屏風ヶ浦(びょうぶがうら)
浜辺・・屏風ヶ浦の海?



「カムパネルラ」MVの電車ロケ地は銚子電鉄?

「カムパネルラ」MV内に出てくるモデル、中島セナさんが乗車している電車が、
実際に走っているのか、気になりませんか?

レトロな内装が銀河鉄道の夜の雰囲気を出していて、とてもイメージにあっているように思います。

調査していくと、千葉県を走る銚子電鉄の大正ロマン電車だということが分かりました。

米津さんのファンの方は、一度は行きたいですよね(^^♪

「カムパネルラ」MVの断崖絶壁ロケ地は千葉県銚子市の屏風ヶ浦(びょうぶがうら)?

MVの断崖絶壁ロケ地は、銚子市の屏風ヶ浦(びょうぶがうら)でした。

MVに出てくる電車(銚子電鉄の大正ロマン電車)と近いこともあって、こちらの場所が使われたのではないかと思います。

0.48サビの部分で、断崖絶壁をバックに光に包まれながら歌っている姿が印象的で、

朝焼けの空が米津さんの表情と合っていますね(^^)/

ちなみに、千葉県銚子市の屛風ヶ浦は、国の名勝国の天然記念物に指定されています。

同じ場所でも、時間帯によって全然違う顔を見せますね。

「カムパネルラ」MVの浜辺ロケ地は明らかになっていない?予想してみた!

MVの浜辺シーンの撮影場所はまだ明らかになっていませんが、断崖絶壁のシーンと同じ
屏風ヶ浦の海で撮影されたものだと思います。

MVでは、2:24~の着物(喪服)を着た人
たちが祈りのポーズをしている場面が印象的ですね。



まとめ

この記事では、「カムパネルラ」ロケ地に
ついてまとめました。

全て「千葉県銚子市屛風ヶ浦」で撮影されたことが分かりましたが、
シーンごとに見ていくと、3つに分けられました。

電車・・銚子電鉄
崖・・・
屏風ヶ浦(びょうぶがうら)
浜辺・・屏風ヶ浦の海?

撮影場所を知った上でMVを観ると、また違った世界観で観られるかも知れないですね。