MENU

米津玄師 難病「マルファン症候群」であると告白!気になる病気の症状について調べてみた

目次

米津玄師 マルファン症候群であると告白!

米津玄師

シンガーソングライターの米津玄師(よねづけんし)さん自らが「マルファン症候群である」と言うことをインタビューで告白しました。


気が付いた理由は、ファンの人からSNSで「マルファン症候群では?」と指摘があったことのようで、

その後検索した結果、自分と似た特徴と同じ人が沢山出てきたそうです。

しかし、病院でしっかりと診断されていないため、「マルファン症候群」だと断定はできません

ただ、身体的な特徴からも、症状は似ていると思います。

では早速、気になる「マルファン症候群」の病気の症状や治療法などについて詳しく見ていきましょう!

難病「マルファン症候群」とは

米津玄師

「マルファン症候群」とは、結合組織(骨格や内臓を支える組織)に影響を及ぼす遺伝子疾患です。

一般的に、骨格や目、心臓血管や肺など全身の臓器に症状が現れる病気で、指定難病にも認定されています。


発現する症状は様々で、人によって症状や程度が違います。


その症状はそれぞれ単体で見ると一般的な病気と認識されているものであるため、マルファン症候群であることに気がつくのが難しいようです。

現在、日本にはおよそ2万人程度おり、知名度はまだ低いもようです。

マルファン症候群の症状の中でも、生死に関わる危険な症状は、心臓の血管が脆くなり裂けてしまう大動脈解離です。
大動脈解離が起こると最悪の場合「突然死」の恐れもある恐ろしい病気とされています。

「マルファン症候群」の症状は?

主な症状と言われているのがこちらです。

  1. 骨格の症状:背が高くて細い体型、長い腕、脚、指、背骨が曲がる、胸が沈むか、突き出る、柔軟な関節
  2. 眼の症状:水晶体(レンズ)がずれる、強い近視、斜視、緑内障
  3. 心臓血管の症状:動脈がこぶのようにふくらみ、裂ける、
  4. 歯の症状:歯並びが悪い歯ぎしり

「マルファン症候群の症状は、一人一人異なりますが、遺伝的な要素が大きいようですね。

また、年齢を重ねるごとに様々な症状が現れてくるようです。

これらをもとに早速、米津玄師さんに当てはめてみましょう。

「マルファン症候群」米津玄師さんに当てはめてみよう

  • 細長い手足
  • 曲がった背骨
  • 猫背

米津さんのスラッと伸びた美しい指は『マルファン症候群』によるものなのかもしれません。

そうだと仮定すれば、納得のいく部分はたくさんありますね。

ダンスで見せる妖艶な身体の動き、指先が長く、その特徴を生かした繊細な動き。

これらは、米津さんの体型である高身長で瘦せ型、手足が長いことを物語っています。

先ほどご紹介した「マルファン症候群」の症状の

  • 骨格の症状:背が高くて細い体型、

に当てはまりそうですね。

米津さん独特の米津ワールドなのかなと思っていましたが、こういった症状とも関係していそうですね。

米津玄師 難病「マルファン症候群」とその症状まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、『マルファン症候群』の症状や実際に米津さんに当てはめて調べてみました。

『マルファン症候群』という病気を初めて知ったという方、多いのではないでしょうか?

実は私もそうです。この病気の症状について、初めて知ったのです。

指定難病にも認定されているほど、恐ろしい病気、だということ。

それに、これを機にもっと多くの人に知ってほしい病気だと思いました。

米津さん自身、診断されたわけではないようですので、断言はできませんが、『マルファン症候群』である可能性が極めて高いと思います

米津さんのファンの一人として、しっかりと診断してもらって

そのうえで病気を向き合いながら曲作りやイラストを描いたりなどを

してほしいと思います。

これからも元気で、素敵な音楽をたくさん残してほしいなと、願っています。






今回の記事をさらに詳しく知りたい方はコチラ

目次
閉じる