俳優

【古川雄輝】英語力はネイティヴ!父は医者で帰国子女!姉や弟も調査!

古川雄輝の英語力が半端じゃないということで、今日はどれくらい英語ができるのかを検証してみたいと思います。

さらに古川雄輝は超ハイスペック男子。父親は医者で古川雄輝も医者を目指していたことがあるんだとか。

美人の姉や弟などの情報もまとめていきますのでどうぞ!

古川雄輝のプロフィール

名前:古川 雄輝(ふるかわ ゆうき)
愛称:ふるぽん
生年月日:1987年12月18日
身長:180cm

芸歴は意外と長く、2010年から芸能活動をされています。

特技はバスケとブレイクダンス。

慶応大学在学中は、ダンスサークル「Revole」の代表も務めていました。

2009年には代々ダンスサークルに代表が出場するが恒例となっている、ミスター慶應に出場し、グランプリを獲得してます。

ちなみに、大学時代は三代目 J Soul Brothersの岩田剛典とはライバル関係にあったと言われています。

古川雄輝と同じく慶應大学に所属していた岩田剛典はダンスサークル「Dancing crew JADE」の代表だったことから、ライバルだと言われてるんですね。

二人ともイケメンだし、ダンスが上手いことから大学内ではかなり人気だったと言われてますね。

こちらは2018年公開の映画『曇天に笑う』の主題歌「陽炎」

古川雄輝のキレッキレのダンスが楽しめるMVとなってます。

古川雄輝は帰国子女で英語がペラペラ

古川雄輝は英語がペラペラの帰国子女です。

古川雄輝は父親の仕事の都合で7歳から15歳の8年間をカナダで過ごしていました。当時は英語が話せなかったので、現地で友達を作るのも勉強についていくのも大変だったと言います。

平日は現地の学校に通って、土日は日本人学校に通っていたそうですよ。

8年間カナダで過ごしたあとは、日本人がいる学校に行きたいということで、単身ニューヨクにいき、慶応ニューヨーク学院高校に入学。

ただこのころは、英語がネイティヴレベルになっているので、逆に日本語でコミュニケーションを取ることに苦労したみたいですね。

高校卒業後は日本に帰国し、慶應大学理工学部に入学しています。

英語の勉強方法は?

まだ7歳だったこともあって現地の環境に身を置くことで自然と英語は身についていったと言います。

確かに小学校低学年くらいの年齢ならば、環境の力を借りることで自然に英語を身につけることができそうです。

古川雄輝がオススメの英語の勉強方法は英語しか話せない恋人を作ることだそう。

それならコミュニケーションをとる必要もあるし、間違いなく英語力は伸びますね。

英語って毎日日常生活で使うことが大切ですからね。



父親は順天堂大学の医者

古川雄輝の父親は古川芳明さんで、順天堂東京江東高齢者医療センターに勤務するお医者さんなんだそうです。

院長補佐という肩書きを見る限りかなりの大役を担っているようですね。

順天堂東京江東高齢者医療センターのサイトはこちら。

カナダのトロントで研究員をされていたという経歴もあることから、古川雄輝の父親である可能性はかなり高いと思われます。

こうやって並べて見ると目元も似てると思いませんか?

古川雄輝の姉もめっちゃ美人!

古川雄輝のお姉さんもめっちゃ美人だと話題になっていますね。

右側が古川雄輝のお姉さんだということです。現在はご結婚されているとの情報がありました。

ちなみに弟さんは古川雄輝の4つ下で現在は医学部に通っているといの情報もありました。

やっぱり医者の息子は医者になるんですかね。現在はどこかの病院で活躍されてることでしょう。

まとめ

というわけで古川雄輝の英語力や家族について調べてきましたが、イケメンで英語ペラペラ、親は医者という超ハイスペック男子ですね。

今後の活躍が楽しみです!