音楽

平尾昌晃の現在の嫁は村田三枝マネージャー!過去の嫁二人も調査!

2017年に亡くなった作曲家の平尾昌晃さん。安らかに眠って欲しいが、平尾昌晃さんが残した60億とも言われる遺産が骨肉の争いを産もうとしてる。

平尾昌晃さんは3回結婚していますが、今日は現在の嫁から過去の結婚相手を見ていきたいと思います。

 

平尾昌晃の遺産バトルが勃発

肺炎のため昨年7月に死去した作曲家の平尾昌晃さん(享年79)の遺産をめぐり、3度目の結婚相手となった50代の元マネジャー、Mさんを相手取り、平尾さんの三男の歌手、平尾勇気(37)が法的措置を取ったことが21日、分かった。

Mさんは昨年10月、平尾さんの後を継いで平尾昌晃音楽事務所の代表取締役社長に就任。しかし、勇気の所属事務所によると、Mさんが不透明な株操作などを行ったとして、株主でもある勇気が20日付でMさんの取締役執行停止の仮処分を東京地裁に申請し受理されたという。

平尾さんは最初の妻との間に長男、再婚した元歌手の小沢深雪さんとの間に次男と三男の勇気をもうけたが、いずれの妻とも離婚。20年近くマネジャーを務めたMさんと2013年に3度目の結婚をした。遺産分割が済んでいないことも今回の背景にあるようだ。

2017年に亡くなった平尾昌晃さんの嫁である、50代の元マネージャーを相手どり訴訟を起こしたというのです。

平尾昌晃さんの遺産が60億円もあると言われていて、この遺産の分配が正しくおこなわれていないということも理由にあるそうです。

現在(平尾昌晃と最後に結婚した)相手はマネージャーをしていた村田

三男の平尾勇気さんが法的措置を取った相手である平尾昌晃さんの嫁である50代の元マネージャーとは一体誰なのかということがネットでも話題となっていまいた。

そして早くもこの人物が特定されたわけですが、このMさんは年も前から平尾昌晃さんのマネージャーをしていた村田三枝さんではないかと言われています。

この村田三枝さんは音楽事務所のチーフプロデューサーを務めていてる人物で、平尾昌晃さんがCDをリリースする際にはコメントを発表しています。

それがこちら。

昨年7月に亡くなった作曲家平尾昌晃氏(享年79)の作品の中から、82曲を収録したCD5枚組みのCDボックス「平尾昌晃の軌跡」がこのほど発売された。

 平尾昌晃音楽事務所の村田三枝チーフプロデューサーは「これまで多くの関連作品がリリースされましたが、歌手時代の作品、他のアーティストに提供した作品がこれだけの規模で初めてまとめられたと思います。あらためて、歌手『平尾昌晃』、作曲家『平尾昌晃』の偉大さを感じました。まさに生涯現役だった平尾昌晃の軌跡がつづられた作品集だと思います」とコメントしている。

引用 : 日刊スポーツ

この記事がきっかけで、50代の元マネージャーMとチーフプロデューサー村田イニシャルが一致していることで同一人物だと特定されました。

村田三枝さんと平尾昌晃さんとの出会いは約30年前の食事会だったと言います。

そして平尾昌晃さんが村田三枝さんのことを大変気に入り自分のマネージャーにしたんだとか。

村田三枝さんはマネージャーとしても優秀でその手腕をふるい続け、平尾昌晃さんのサポートを20年間も続けていたんだそうです。

そしてビジネスのパートナーから生涯のパートナーとなったのが2013年。二人は結婚しました。

村田三枝さんが社長を務める会社は

  • 平尾昌晃音楽事務所
  • 音楽出版権管理会社

どのタイミングで村田三枝さんが事務所の役職についたかはわかりませんが、平尾昌晃音楽事務所は個人事務所なので、村田三枝さんが事務所運営の中心だったことは間違いなさそうです。

村田三枝の顔画像はある?

残念ながら名前が特定されただけで、顔画像はまだ出ていません。しかし、この方が今回の騒動の中心人物であるのならいずれメディアの前に姿を表す可能性も大いにありますね。

また社長という役職についてるので、どこかに画像があるかもしれません。その辺りは発見次第お伝えできればと思います。

平尾昌晃の最初の嫁は服部暁子

それでは平尾昌晃さんの結婚相手を順番に見ていくとしましょう。まずは最初の嫁からどうぞ。

平尾が現役女子大生A子さんと最初の結婚をしたのは72年7月。男の子をもうけたが、深雪がデビューして3カ月がたった75年5月、A子さんは子どもを抱いて家を飛び出してしまう。その翌月に平尾にA子さんから内容証明が届く。不貞を理由に離婚と1億5000万円の慰謝料を要求してきたのだ。

引用 : 日刊ゲンダイ

平尾昌晃さんが最初の嫁が服部暁子さんです。

1972年7月に結婚されていて長男を授かりましたが、その後すぐに離婚しています。

当時、平尾昌晃さんは34歳、お相手の服部暁子は19歳で大学生だったんですよね。その差15歳という歳の差婚だったわけです。

馴れ初めなど、詳しいことはわかっていないのですがデキ婚だったと言われています。

そして1972年10月に長男が生まれ幸せな家族が築けると思いきやその2年半後には服部暁子さんが子供を連れて家を飛び出してしまいます。

その原因は平尾昌晃さんの浮気。

浮気の証拠を掴んでいた服部暁子さんは平尾昌晃さんに1億5000万円もの慰謝料を請求します。

しかし、平尾昌晃さんはそれを否定していたのですが、ここからがすごいのが、服部暁子さん。

なんと平尾昌晃さんが所有する渋谷区のマンションに週刊誌の記者と突撃したのです。

そして平尾昌晃さんがに不倫相手といるところをバッチリの抑えることに成功したのです。なんというか、、女性の執念というものはものすごいな〜と感じます。笑

結局裁判までもつれ込み、慰謝料1600万円、子供の養育費を毎月15万円支払うこととなったのです。

平尾昌晃の最初の二人目の嫁は小沢深雪

離婚が成立した1978年に平尾昌晃さんは小沢深雪さんと再婚しています。

離婚が成立した年に再婚ってまたすごいですよね。

この再婚相手、もうこの記事をここまで読んでくれているあなたはお気づきだと思うのですこの再婚相手は前の妻と結婚していたときの不倫相手だったのです。

小沢深雪さんはなんと歌手として活動されてる方で、平尾昌晃さんが運営している「平尾ミュージックスクール」の一期生として在籍していた方なんだとか。

1975年には歌手デビューを果たしています。

画像はこちら。

哀愁漂う昭和のアイドルという感じがします。

平尾昌晃さんが40歳、小沢深雪さんは19歳というまたしても壮絶な年の差婚!!そのさなんと21歳差です。

近年年の差婚は多いと言われて言われてまうが、当時は珍しかったと思いますね。

結婚当時、小沢深雪さんは妊娠していて、またしてもデキ婚だったそうです。

しかし、その後二人は離婚。

その原因は「すれ違いの生活が続いた為」という理由だったそう。

やはり不倫した相手との結婚は上手くいかないものなのでしょうか。

まとめ

というわけで、平尾昌晃さんの嫁である、村田三枝、服部暁子、小沢深雪の三人を見てきました。

作曲家として優秀だった方ですのが私生活の方はややだらしなかったのかなと感じる部分もありますね。

この遺産騒動はどのような展開を見せていくのか見守っていきたいと思います。