タレント

【林修】嫁の年齢や名前は?勤務先の病院や教え子説まとめ【画像】

林修の嫁である裕子の年齢など詳しい情報を見ていきたいと思います。林先生が今まで出会った中で一番賢い女性と発言するほどの才女とのことですが、

実はお医者さん。勤務先の病院や林先生の教え子説など気になる情報をまとめてみたのでどうぞ!

林修のプロフィール

名前:林修(はやしおさむ)
出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1965年9月2日
身長:175cm
出身高校:東海高等学校
最終学歴:東京大学法学部卒業

出身高校は東海地方の名門校である東海高校。そして高校卒業は東京大学法学部に入学します。

大学卒業後は日本長期信用銀行に就職し、エリート街道を突き進みますが、就職後わずか数ヶ月で退社しています。

その理由はさ書の1週kんで「この会社は潰れると確信したから」だとのちにおっしゃってます。

まあ、そのように予想できたからといってそう簡単にエリート街道を捨てることってできないと思いますが。。さすがです林先生!!

しかしその後は競馬や株などのギャンブルに明け暮れ借金は1800万円を超えるなどかなりやばい生活を送っていました。

そこで一般奮起して学生時代得意だった「勉強を教える」ということを仕事にするべく予備校講師という職業を目指し、東進ハイスクールの予備校講師になります。

その後はおなじみ「いつやるの?今でしょ!」で大ブレイクを果たし、

「林先生が驚く初耳学!」などの人気テレビ番組に出演しています。

林修の嫁・裕子のプロフィール。年齢や名前も

さて、そんな林先生の嫁はどんな人なのかみていきたいと思います。

林先生は2000年35歳の時に12歳年下の裕子さんと結婚されています。

林修の嫁・裕子の勤務先の病院は?

ネットでは、三重北医療センターいなべ総合病院という噂が流れていますが、確証がありません。公式サイトも調べましたが、「林」という名前は見当たりませんでした。

ちなみに裕子さんは名古屋市立大学大学院医学研究科産婦人科学科の研究グループで遺伝子の研究をしているそうです。

ここに林裕子という名前がありました。

紹介ページによると、胎児異常や子宮内胎児発育遅延、不妊症、子宮内膜症などの研究をしていて、

  • 羊水検査
  • 絨毛検査
  • 画像診断(MRIなど)

を行なっているとのことです。

林修の嫁は教え子なの?

裕子さんは林先生の教え子説があったのですが、それは番組内で否定してましたね。

そもそも林先生が東進ハイスクール塾講師を始めたときに裕子さんはもう働き始めていたので接点はなさそうです。

そうすると気になるのは二人の馴れ初めですが、テレビやメディアでは公言しないと約束しているそうですよ。

ということは二人の出会いはナンパとかそういう感じかもしれませんね〜。



林先生が裕子さんを選んだ理由は?

司会の「くりぃむしちゅー」上田晋也(43)から「林先生、人気者で気にならないですか?」と問われると、裕子さんは「モテないよりはモテた方がいい」と返答。「今の(多忙な)状況で、できたらすごいと思います。これだけ見られてて、隠れてできたら、大したもんだと。むしろ感心する?『おう、おう』と」と度量の広さを披露した。

林先生は「やっぱりホントに優秀ですよ。いろんな物事の判断とか。僕が会った女性で一番優秀な女性を選んで結婚しました」とおノロケ。いつも話し掛けてきてウザいなどとダメ出ししていた裕子さんも「同じです。頭いいし、やさしいし。点数をつけるなら90点」と愛情を示していた。

引用:林先生 テレビ初の夫婦共演!妻・裕子さん「今、浮気できたら感心」

やっぱり林先生がパートナーに求めるものは「知性」なんでしょうか?

裕子さんも産婦人科医ということで相当頭のいい方であることは間違いないわけですが、林先生が今まで見てきた中で一番賢いというのは相当なことだな〜と思いました。

お互いにリスペクトできるところがあることが夫婦円満の秘訣なんでしょうね〜。

林修には実は子供がいた!!

2018年の段階で子供は2歳だそうです。子供の名前や顔画像などは今のところ出てきてないのですが、奥さんも美人ですし、きっと美形なのではないでしょうか?

林先生が50歳、裕子さんが38歳の時できた子供だそうで、林先生はおむつを替えるのも得意なんだそうです。

最近はまだ字も読めないのに新聞を読んでいるそうで林先生は多忙ながらも新聞を読んで聞かせてあげているのだとか。

まとめ

というわけで林先生の奥さんである裕子さんについて見てきました。

優秀な頭脳を持つ二人から生まれてきた子供ですから将来が楽しみですね!!