俳優

新井浩文は在日韓国籍で元朝鮮国籍だった!本名は朴慶培(パクキョンベ)!

性的暴行で逮捕された新井浩文さんですが、韓国籍を取得していることが判明していて話題になっています。

なんともともとは朝鮮国籍だったというのですから驚きですよね。新井浩文さんの生い立ちや親などを調べていきたいと思います。

新井浩文は韓国籍で元朝鮮国籍だった!

2019年2月1日に新井浩文さんが性的暴行の容疑で逮捕されたというニュースが日本中を駆け巡りましたが、新井浩文さんが実は韓国籍であったことが大きな注目を集めています。

ツイッターでもかなり話題になっていますが、新井浩文さんにはどんなバックボーンがあるのか、見ていきたいと思います。

新井浩文のプロフィール

生年月日 : 1979年1月18日

出身地 : 青森県弘前市

新井浩文さんは青森県弘前市の出身の在日朝鮮人の3世にあたります。

本名はkyung-Sik-Parkというそうです。

そして2005年に韓国籍に国籍を変更して今は韓国人としていきてるみたいですね。

なぜ新井浩文さんが韓国籍だということが判明したかというと、新井浩文さんが出演したラジオで自ら自分のルーツを語ったと言われています。

韓国籍であること、おじいちゃん、おばあちゃん世代から続く在日朝鮮三世であることを。

そのラジオを聞いたファンからはびっくりする声が上がっていましたが、新井浩文さんの独特な雰囲気とカリスマ感のルーツが知れたということで、当時は好意的に受け止められていたようですね。



なぜ 新井浩文は日本国籍を選ばずに韓国籍を選んだ?

新井浩文さんが日本で活躍する俳優であるにもかかわらず、韓国籍を選んだのかというと、理由は2つあると言われています。

  1. 両親が朝鮮人なので日本国籍を選ぶと申し訳ない
  2. 将来は韓国でも活躍する俳優になるため

両親が朝鮮人なので日本国籍を選ぶと申し訳ない

祖父や、祖母の代から朝鮮人としていきている家系にとっては朝鮮人であることは誇りのように感じる部分があるはずです。

韓国や朝鮮は儒教の国であるため、目上の人や家族の教えや思想を重んじる風潮があります。

そこで自分だけ日本国籍に変更したら家族を裏切った、祖国を裏切ったという思いがあったのかも知れません。

自分の両親と国籍が違うだけでも大きなことなのに、それが日本国籍だあったのならばそれは韓国や朝鮮の人にとってはおおごとですからね。

将来は韓国でも活躍する俳優になるため

もう一つの理由としては将来韓国でも活躍背する俳優になるためということです。

確かに自分は韓国にルーツがあるということを公表した方が韓国の人たちには親近感を持ってもらいやすいかも知れません。

ただ名前や国籍だけで海外進出が有利になるとは思えないですよね。

それに海外で活躍するなら、水原希子さんのように日本にはルーツがなくても日本のアイデンティティを取り込んで世界に羽ばたいていく方がいいんじゃないかんと思いますね。



ちなみに新井浩文が北朝鮮国籍というのはデマです。

新井浩文さんのことを調べていると、元北朝鮮国籍だというような噂が流れていますが、新井浩文さんは北朝鮮国籍ではありません。

朝鮮国籍というのは認められていなくて、在日朝鮮人の方は韓国籍か日本国籍を選ぶことになります。

そして韓国籍を選んでも在日朝鮮人として日本での福利厚生を受けられるということで、韓国籍を選ぶ方が多いようですね。

新井浩文が韓国籍であることに関するツイート